2015/04/29

写真

先日の移動時に写したものを一枚

感謝

バスで行こうとするも恐怖で乗れず
トリシティを使う気分にもなれず
歩いてハローワークまで行ってきた
時間に余裕を作っておいて正解だった

が、今日は建物の中に入るのも怖かった
面談中も冷や汗が止まらず
今はきちんと休むように指導された

帰りも徒歩
息苦しくなって立ち止まっていたら、
通りがかりのおばさんが心配して、背中をさすってくれた
おばさん、ありがとうございました
あれでかなり安心できました

何もせずにいるのも、それはそれで不安を誘う
とりあえずGW明けにやるべきことは、病院への予約だろう

2015/04/25

写真

家族がドライブに誘ってくれたので、出先でいくつか撮影


PM2.5や光化学スモッグのせいで、晴れても空の色がぱっとしないこの頃
30秒露光で夜景を2枚

最近はトリシティの露出が少ないな
あまり拘って撮影・掲載しなくてもいいんだろうけどね
遠乗りはしてませんが、ちょこちょこ活躍してくれています

現状を整理

GWは予定を立てない
肉体的にも精神的にも行楽に耐えうる状態ではない
出回る人の数も増えるだろうし、家とその周辺で過ごすのが安全だろう
普段どおり家事をしながら、気が向いたら散歩に出てみる
これでいい

ハローワークへの連絡は完了
GW前に一度顔を出したい
改めて面談の予約をしてみよう

バイク屋への連絡は未了
こちらはGW後でもいいだろう
タンクキャップ周辺に水気を近づけなければいい

下手な考え休むに似たり
勢いをつけて突っ走るか、そうでなければしっかり休養するか、だ
焦りから中途半端な行動を起こすことだけは避ける

2015/04/23

書類選考

落ちましたとさ
いくら不足していても人手は選ぶということか
そりゃそうだ

がっかりしたような、
たとえ残念なものでもひとつ結果が出て安心したような、
複雑な気分

幸い、これで先の予定を固めることができる

とりあえずやるべきことはハローワークへの連絡
その次にバイク屋へトリシティ入庫の予約
例のサービスキャンペーンを実施してもらわないといけない


なんだか写真まで悲しい雰囲気になってしまった気がする
一休みして、またがんばろう

2015/04/22

2015/04/21

撮影機材

フォルダを漁ってはみたものの、
良く撮れた写真は出しつくしていた
よって今回は撮影機材そのものについて書こう


OLYMPUS PEN E-P1


OLYMPUS PEN E-P2

まさかのミラーレス一眼2機体制
普段はこれらにパンケーキレンズを組み合わせて使っている

ほぼ無職のダメ人間がどうしてこんなオサレな道具を持っているのか、
疑問に思った方もいらっしゃるであろう
これらは自分で購入したものではなく、祖父の遺品である
俺以外に使える人間がいなかったので、借用させてもらっているというわけだ

祖父は整備士資格と二種運転免許を持つプロのメカニック兼ドライバーで、
在来型の内燃機や乗用機械、光学機器、電子装置などに明るい一方、
こういうデジモノ、新しいガジェットにも目が無い人だった
遺品はほかにもいろいろあって、
家族個々人や知人のもとでそれぞれ活用されていたり、
誰も扱うことができずに持て余されていたりする

大抵はフルオートで適当に写しているが、それでも綺麗に仕上げてくれる
マニュアルモードでもとりあえず扱えるけど、まだまだ経験が足りない
液晶でのプレビューに頼らないで済むようになればいいんだけど

撮った写真の圧縮は、フリーソフト「Caesium」でおこなっている
現行のバージョンではトリミングも同時にできる優れものだ

正直なことを言うと、
トリシティを足にして動き回り、主に屋外で撮影する都合上、
もっとコンパクトで耐水・耐衝撃性のあるカメラが欲しいと思っている
ニコンのCOOLPIX AW130あたりがいいだろうか
きちんと収入が得られるようになったら購入を考えよう

※追記
2016年10月14日
一部改訂

2015/04/20

郵送完了

ここからが本番だと思うと息が苦しい

ここ数日は文字だけの投稿ばかりだったから、
明日は何か写真付きの記事を作ろうと思う

2015/04/19

応募書類

とりあえず履歴書と封筒は書けた
添え状はプリントアウトして印鑑を押せばよし
あとは明日、ハローワークで添削してもらえばいい

緊張でうまく眠れないや

2015/04/14

アフィリエイト

次回のハローワーク面談は17日
医師と相談した結果、この職安行きも訓練の一環として、
できる限りバスを利用していくことになった

人の少ない時間帯を狙って、コンビニで電子マネーにチャージしておこう
現場でおこなう作業の手順を可能な限り省けば、
その分、不安や恐怖を減らせる

ブログを書いていることを話した知人からアフィリエイトを勧められた
とにかく身の回りにあるものを片っ端から写真に撮って、
そのうち愛用しているものについて徹底的にレビューしていけば、
日々の交通費くらいは稼げるようになるらしい

当ブログの主題はトリシティだ
このブログを見てトリシティに乗りたいと思った方はぜひこちらのリンクから―――

残念ながらAmazonでの取り扱いは無いようだ
BMWの四輪車は取り扱っているのにな!どういうことだ!

戯言はさておき
トリシティのアフターパーツなどをレビューしていく手があるけど、
貯金の残高と収入のレスポンスを考えると、現状では手が出せない
そもそも純正状態で概ね満足していて、特にカスタムするつもりが無いのだ

トリシティ関連以外のモノとなると、
まあ、ネタが無いこともないのだが

いずれにせよ、しばらくはアフィリっ気なしの状態を保つ、と思う

2015/04/12

続・トリシティのメットイン周りについて 後編

※注・2016年9月25日時点
この投稿は、トリシティ125のメットイントランクをネタにしています

トリシティ155のものは、数値上では若干容量が増えていますが、
各部寸法がどのように変更されているのかは今のところ不明です



前回より

トリシティのメットインにちょうど収まる寸法の鞄を使ったパターン

を、書くつもりだったが、
肝心の鞄が泊まりに使うには微妙なサイズしか無かったので、ここでまとめてしまおう
一応、画像だけざざっと並べておく







まとめ:1泊2日なら、メットイン+身体装備でもなんとかなる
使う頻度の高いものや、素早く取り出す必要があるものを身に付ければ、
メットインの容量は十分に確保できる

あとはトリシティのメットインにぴったり合うサイズの鞄があれば最高なのだが、
前回のように柔らかいバッグを使うか、各自で探してもらうしかない
旅行用鞄へのこだわりが無ければ、スポーツ用品店あたりが狙い目だと思う

3記事も続けておいてなんだが、 1泊2日程度で生じる積載性の問題なら、
リアキャリアなりボックスなりを取り付ければ大体解決することではある
ヘルメットホルダも無いことから、おそらくボックスの装着を前提にデザインされているのだろう

新シリーズ
新・トリシティのメットイン周りについて ~トリシティ、海水浴へ行くの巻~

※追記
2016年8月23日
海水浴行き関連の投稿へリンクを追加
2016年9月25日
トリシティ155に関する注意書きを追加

2015/04/11

口内炎

口の中が口内炎だらけになって、痛い
食欲が失せるのは、食費が浮くという点でいいんだか、悪いんだか

昔から口内炎ができやすい体質で、しかも同時に発熱するのが常だった
最近は体も丈夫になったもので、熱まで出ることはめったに無くなった
これはおそらく、主に肉体面で調子が狂っているときのサインなんだと思う

ここのところ肌寒いし、温かくして寝よう

2015/04/10

職安

結局バスには怖くて乗ることができず
雨の中、トリシティでハローワークまで行ってきた
時間に余裕を作っておいて正解だった
明日は晴れるそうだから、車体と足回りを軽く拭きあげてやろう

いきなり本採用は目指さずに、まずは職場での実習へ参加していく方針で決定
就きたい・就けそうな職種と雇用形態について、もう少し具体化するのが次回の課題

2015/04/09

写真

野暮用ついでを言い訳に、再び海まで出てみた
以前は曇り空だったけど、今日は晴天






Run on the waterfront.
Signboards:
"Do NOT protrude to right side when overtake."
"Speed limit is 40 km/h.

Twitter界では、神社の鳥居とトリシティを一緒に撮影する、
「鳥居シティ」なるネタが流行っているらしい
鳥居って割と神聖なもののような気がするけど、
気軽に写真なんか撮っちゃっていいのだろうか


とかなんとかいいつつ、遠巻きに鳥居シティ
This place is Front of the Japanese shrine.
A "To-ri-i" object and "Tri"city.
.....It's silly joke from Twitter.


A garden in the shrine.
宗教オンチだけど、神社仏閣の雰囲気は好きだ

2015/04/08

注意:トリシティのサービスキャンペーン

4月7日付でサービスキャンペーンが発表されています
燃料タンクキャップの交換が必要なようです

以下、公式
http://www.yamaha-motor.co.jp/recall/mc/campaign/2015-04/index.html

続・トリシティのメットイン周りについて 中編

※注・2016年9月25日時点
この投稿は、トリシティ125のメットイントランクをネタにしています

トリシティ155のものは、数値上では若干容量が増えていますが、
各部寸法がどのように変更されているのかは今のところ不明です



前回より

柔軟性のある鞄に詰め込むパターンを試す
用意したもの

ぼろいトートバッグ

入れるもの

・下着上下
・上着上下
・靴下一組
・薄手のパーカー
・タオル3枚
・ハンカチ1枚
・ビニール袋2つ

財布などの小物は、メッセンジャーバッグなどで身に着けると仮定しよう

詰めた状態がこちら

バッグ+雨合羽+U字ロック
合羽のロゴに対するツッコミは無しでお願い

いざ、メットイン


バッグ+U字ロックならきっちり収まる


これに雨合羽を加えると


これくらいシートが浮いてしまう
一応、軽く押さえれば閉まるには閉まるのだけど

雨合羽の用途上、すぐに取り出せるほうが都合がいいので、
メットインよりもメッセンジャーバッグなどのほうに入れるべきなのかもしれない
これならシートも問題なく閉まる

次回
続・トリシティのメットイン周りについて 後編

新シリーズ
新・トリシティのメットイン周りについて ~トリシティ、海水浴へ行くの巻~

※追記
4月12日
雨合羽の収めどころについて追記
続編記事へのリンクを追加
2016年8月23日
海水浴行き関連の投稿へリンクを追加
2016年9月25日
トリシティ155に関する注意書きを追加

2015/04/07

三輪仲間

と言うには、排気量は倍以上、価格も倍以上、
免許区分も違うしで一概に比較できないのだけど、
ピアジオ MP3 Yourban 300 のカタログを見て、
いろいろと衝撃を受けたのでこの記事を書く

パッケージングが熟れている、という印象が強い
トリシティのフラットフロア・座席下6.6リットル燃料タンクに対して、
フロアトンネルを設けて、その中に10.8リットルの燃料タンクを置いている
給油口はトンネルの上にあって、シートを開く必要が無い
乗降性は犠牲になるけど、剛性とメットイン容量確保の点で合理的だと思う

逆に言えば、フラットフロアなのに、
きちんと剛性を確保しているのはトリシティの美点だ
急コーナーや緩やかな高速カーブでも前後輪の一体感が崩れない

前後重量配分の良さは両者共通だろう

引き出し式のコンビニフックはリング状になっている
パーキングブレーキも装備、メットインには照明もある
細かな実用装備に関してトリシティが見習うべきところは多い
本体が高価格化するというなら、オプションとして設ける手もあるはずだ

停車中の自立機能も備えているけど、
発進時の自動開放もおこなう高度なもののようで、
これは利便性と複雑化の表裏一体だと思う
足付きがかなり悪そうなので、あって困ることはなさそうだが

乾燥重量で206kgのMP3に対し、装備重量で152~156kgのトリシティは軽さが魅力だ
一方で出力重量比ではMP3が勝っている
燃費はどれくらいなのだろうか

フロントサスのリンク式類似・片持ちという形態に、
そこはかとなくベスパの血統を感じるのは気のせいか
ただしベスパのトレーリング式に対して、MP3はリーディング式だ

所有することは叶わないだろうが、一度は試乗してみたい乗り物だと思った
もっとも実行に移すには、俺自身に足りないものが多すぎる

2015/04/06

ラベル

相変わらず海外からのアクセスが半数近くを占めているので、
ラベルを英語に対応させてみた(自己満足)
文法が正しいかどうかはわからない(自己満足)

コメントへのスパム目当てだったら悲しい
残念ながら当ブロクにはコメント欄を設けていないので、悪しからず

2015/04/05

ブレーキ

少し前にABS装備モデルが追加されたトリシティである
無いなら無いでもいいのだけれど、例えば雨天の市街地などでとっさの急ブレーキをかける、
あるいはそれから即座に回避運動へ移るような事態を考えると、心強い装備だと思う

一方でABS未装備のトリシティには、
メーカーが Unified Brake System と称する前後連動ブレーキが装備されている
ちなみにABS装備車にも、このUBSは存置されている

後輪側のブレーキ系統にイコライザーを設けて、
後輪ブレーキレバーが一定以上握り込まれた際に、握力の一部を前輪側へと分配している
左右のブレーキレバーを均等な力で握り込むだけで、
前を強め・後ろを弱めという理想的な塩梅でブレーキが作動する

この手の装置で有名なのは、ホンダのコンビブレーキ(Combined Brake System , CBS)だろう
フロントディスクブレーキ車の場合、最近のものは3ポットのキャリパーを採用して、
前ブレーキ操作でそのうちの2ポットを、後ブレーキ操作で1ポットを作動させている

トリシティのUBSはそこまで凝ったシステムではなく、キャリパーは1ポット×3輪で、
後ブレーキレバーと前マスターシリンダーをケーブルとリンクで結び、
後レバーをある程度握ると、前シリンダーがわずかに作動する仕組みになっている

このため後輪ブレーキを使うと、前輪ブレーキレバーの遊び量が変化する
また両レバーを握り込んだ状態から、さらに前輪ブレーキレバーへ力を込めると、
後輪ブレーキレバーに生じている反力がわずかに抜ける
乗り出しからしばらくは、これに違和感を覚えるユーザーがけっこういるようだ

ほかに多くの方が気にすることと言えば、
後輪ブレーキを単独で使いたい場面での操作性だろうか
自分の場合、少なくとも今のところは、狭小路でのUターンなど、
後輪ブレーキを積極的に使う状況で困ったことは無い

腕に覚えのある乗り手からは不用品扱いされることも多いこの手のシステムだけど、
基本的に万人が乗るコミューターで、前後の重量配分がスクーターよりも通常のバイクに近い、
つまり後輪への荷重が前輪比で軽いトリシティにとっては、そこそこ有効な装置だと思う



ちなみにパニックブレーキなどで、
よく粘るフロントへと過度に荷重が偏ってしまうと・・・

分析と考察・トリシティが転倒する様子
http://trikai.blogspot.jp/2017/09/blog-post_7.html

なぜ、ヤマハのスクーターラインナップの中で、
トリシティシリーズだけが前後連動ブレーキを装備されているのか
その答えがここにあるような気がする
おそらくはリアタイヤへの過剰な制動力を緩和して、
安定性を保つことが目的なんだろうな

やっぱりABSはあると安心だね
主にフロントじゃなくてリアに、ってところがちょっと特殊ですけど



※追記
2016年10月8日
一部加筆
2016年10月20日・21日・22日・23日
加筆訂正
2016年10月24日
記事が冗長となったため、要点を残して一部を削除
2017年10月18日
関連投稿へのリンクを追加

2015/04/03

荒天

しばらくは雨風の強い天気が続くらしい
これが花散らしになるだろう
昨日はカメラを持って行ってよかった

問題は、次の病院に行く日とハローワークに行く日の天気も怪しいこと
どちらも徒歩では厳しい距離にある
雨合羽を着てトリシティに乗るか、家族に車で送ってもらうか

最悪の場合はバスを使おう
今の体調なら、きっと恐怖も我慢できるはず

2015/04/02

桜とトリシティ

晴れたので買い物ついでに数枚




Here is a certain place of Japan.
Cherry trees are in full bloom on April 2, 2015.

満開の散り始め
もう葉が出ている木もあった

2015/04/01

コンビニフック

大きくて凝った作りの割に安心して使えないために、
たびたび酷評しているトリシティのコンビニフックだけど、

小さなコンビニ袋なんかだと、
持ち手を1回くるりと巻きつけてやれば跳ねたりせず、
きちんと使えることも書いておく

コンビニフックのコンビニは便利なものの意であってコンビニ袋のことではない、はず
利便性ならスズキ式のかばんホルダー(V125SやV50の標準装備)が羨ましいな、と
リング状になっていて、持ち手が硬い・太い鞄でもかけられるそうだ