2017/08/21

トリシティのハンドルへスマートフォンを取り付けてみようの巻・とりあえず完成編

前回の投稿はこちら



あれこれ試行した結果、こんなものを仕入れてみました


ステンレスパイプ用ジョイント 25mm ストレート型

これを、

ケースのジッパー付き裏ポケットに収める
そしてスマホもIN

画像右側が進行方向
ジョイントのハンドルへのひっかかりと適度な重さによって、
前後へのズレ落ちを防止しようという算段だ





試しに60km程度走ってみましたが、とりあえず課題はクリア
きちんと安定します

クリアビニールの光沢が少々邪魔だけど、
画面上部に表示される道案内は昼間でも目視可能
スピードメーターも塞ぎません

熱対策はCPUのクロック制限、GPS以外の無線機能の停止など、
いろいろ試しましたが、直射日光のせいもあって十全の域には達していません・・・

本格的にナビさせようとするなら、
安全面からもBluetooth接続のインカムあたりを導入したほうがよさそうだね



こんな安っぽい方法を真似る人はいないと思うけど、
もし実行なさるならばご自身の判断でお願いします

使ったモノ

・冒険倶楽部工房(中林製作所)
DC-66 タフレーベル 多機能小物ケース


・ユタカメイク
BC-5412 バンジーコード 5×400


・ブランド不明
ステンレスパイプ用ジョイント 25mm ストレート型

以上3点
合計2,000円弱

Amazonでの取り扱いもあったけど、
これならホームセンターに走った方が早いと思うのでアフィリンクは無しよ

要は、裏にジョイントが収まるスマホ対応のケースと、
適度な長さのバンジーコードがあればOKだ