2017/08/16

トリシティのハンドルへスマートフォンを取り付けてみようの巻・試行錯誤編

実はお盆の移動中に、一度道に迷いまして・・・
応急的でいいので、スマホをナビとして使えたらなぁ、と思った次第です

一般的にはアクセサリーマウント用のバーをハンドルに取り付け、
そこにホルダーを介してセットするようですが、
どうも見た目が好みでない
取り付けた状態でもスッキリしているのが理想だけど、
それが叶わないのであれば、使わないときには取り外せるようにしたい

というわけで、

冒険倶楽部工房(中林製作所)
DC-66 タフレーベル 多機能小物ケース

ユタカメイク
BC-5412 バンジーコード 5×400

合計1200円くらい
この組み合わせで、

こんな感じにしてみました

・・・が、ここからがさぁ大変
支点の位置が高すぎると、ブレーキング時にメーター側へと滑り落ち、
逆に低すぎると、スマホが徐々に傾いてきて、やがて下へと落ちてしまう



付属のカラビナを付けたり外したり、
支点の輪の大きさをいろいろ試してみたり
・・・うーん、これは別に支えなり固定具なりを追加したほうがよさそうな・・・

ナビとして使用中のスマホはバッテリーの消耗が恐ろしく早いうえ、
発熱もそれなりに激しいので、本当に応急的にしか使えそうにありませんが、
その短い間だけでも確実に使用できるようにしたいなぁ

次回へ続く